So-net無料ブログ作成

萩へ…

先日、「松下村塾」に行ってきました。
吉田松陰の叔父である、玉木文之進が作った私塾で、
その後、
松陰が引き継ぎました。
実際松陰がこの塾に携わったのは、1年余りですが、
その間で、高杉晋作、久坂玄瑞を始め、明治維新で活躍した人材を多く輩出しています。
私は、この建物を見ると胸が熱くなります。
そして、
塾は建物ではなく、「人」なんだということを強く感じます。
そこから萩市が一望できる丘の上に、松陰のお墓があります。
小さな缶の中にお線香とライターが入っていて、誰でもご焼香ができるようになっています。
とても偉人の墓だとは思えない、質素なものですが、それも、「人となり」を表しているのでしょう。
30年という短い人生を、「国のため」「人」のために尽くした人の一生を思うと、その何分の1かでもあやかりたい気持ちになります。


IMG_0183.jpg



nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

同級生

私もこちらへ訪れたことがあります

とわきちも訪れたとは… びっくりです^^

昨日、ふいに名前で調べてみたらここへ辿り着き

ちょっと中学時代を思い出しました

勉強は嫌いだったけど 楽しかったな (*^ー^)ノ

お元気そうなので安心しました! 身体に気をつけて頑張ってくださいね
by 同級生 (2012-02-15 13:03) 

nakajuku

同級生さん、
コメントありがとう。

この呼び名を使うのは、数人しかいないので、
懐かしいです。

そちらも元気そうですね。

良かったら、HPのinfoから、メールをください。

仲野
by nakajuku (2012-02-26 16:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。