So-net無料ブログ作成
検索選択

私塾の歴史資料館

先日、「私塾の歴史資料館」を訪問しました。
尊敬する佐藤勇治先生が、多くの私財を費やして自塾の地下に作った資料館です。
私たち学習塾の人間は、その仕事が日本の経済成長や文化の向上へ大きな影響を与えたという自負が少なからずあります。そのようなことも1つの理由として、我々がこの世に存在した痕跡を後世に残したいという思いから作られました。

写真 2017-04-06 16 37 41.jpg

写真 2017-04-06 17 09 08.jpg


私は31年間塾をしていますが、始めたころは学校のようなクラス授業の塾が多かったです。
ただ、時代は「個別指導」→「映像授業」と変化をしていき、そして、AIによる授業へとなっていくかもしれません。

 100年後、
「いったい塾ってなんだろう?」と言われたとき、この資料館があれば、その問いに答えることができると思います。佐藤先生の私財を投げ打って作られたそのスペースは、後世へ大きなプレゼントを残すことになるでしょう。

 100年後、日本人が健康で文化的な生活ができるよう、私たちはその土壌を作らなくてはならないと、新たに感じた次第です。

 今年の桜が終わりますが、どこへ行っても、力強く大きい桜が目立ちませんでしたか?

 元気付けられました。

写真 2017-04-08 13 42 21.jpg

(これは、文章とは関係がありません。四谷の変わった桜です)



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。