So-net無料ブログ作成

ナカジュクの生徒がくれた合格する力(西村友希)

今月中旬、司法試験の発表がありました。
日本の試験の中でも最難関と言われています。きよみ野教室の西村友希先生は6回目の挑戦で見事合格!
そこで、ナカジュク生へメセージをお願いしました。

ナカジュクきよみ野教室で講師をさせていただいております西村友希(ゆき)です。  皆さんは、司法試験という試験を知っていますか? 司法試験は、裁判官・検察官・弁護士になるための試験です。この試験に合格すると、司法修習と呼ばれる訓練期間を経て、この3つの仕事の中のどれかに就くことができます。 私は、この司法試験に今年の9月に合格することができました。 将来は、弁護士になりたいと思っています。 私の合格には、ナカジュクに関わるすべての方々のお力のおかげだと思っています。 特に生徒さん達。 「教える」ということは、「教わる」ということ。これはよくいうことですが、本当にその通りです。 どうやったらわかりやすく教えられるのか、これは、司法試験の大部分が論文試験だということと関係しますが、どうやったら相手(司法試験だと採点者)に通じる言い方ができるのか、ナカジュクで教えながら学びました。 そして、試験前の不安な気持ち、高校入学試験での合格した子の喜び、高校入学試験で残念な結果だった子の悲しみ、私も一緒に抱えることで共に喜び、共に不安になり、共に悲しんだ、それが私の精神力を鍛えてくれました。  今の生徒さん、かつての生徒さん。きっと、彼ら彼女たちは私を逆に学ばせてくれていたなんて、思っていないと思います。でも、一人一人の生徒さんたちが、実は講師である私に大きな力をくれたかけがえのない存在です。  今後は、弁護士になり、もっともっとパワーアップして、ナカジュクに関係する(した)皆様のお役に立てる存在になりたいです。本当に、ありがとうございました。

西村さん.jpg

西村先生は修習生としての学びの場があるので、ナカジュクを離れますが、晴れて弁護士になったら、またナカジュクに帰ってきたいと言ってくれています。
楽しみですね…
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。