So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

非認知能力とエジソンクラブ

先日、
幼児児童の非認知能力を9つまでにいかに育てるか」
というテーマのセミナーへ行ってきました。
「非認知能力」とは、一般的にテストなどでは評価できない、「意欲」「関心」「協調性」「計画性」などを指します。さらにナカジュクでいう「基幹学力(人の話を聴く、挨拶ができる、姿勢)」も含まれてくるでしょう。
 鹿児島の保育園の発表は、デジタルアナログを駆使した素晴らしい教育内容でした。都会にはない、自然というアナログを武器に外遊びをたくさんさせ、デジタルを用いて園児たちにプレゼン指導(表現力)をしています。年少さんの発表の様子が映し出されましたが、素晴らしい内容でした。
 印象的だったのは、会場から
「この活動の結果は小学校・中学校で出ています?」
という質問に
「出ていません。というより小学校へ行ったとたん、この教育が継続されないし、そうなっているか私にはわかりません。でも、30年後に必ず結果がでると思っています。」と。

 さて、
ナカジュクのエジソンクラブです
前述のセミナー講演者の方も言われていましたが、幼少期は「五感」を鍛えることが大事です。
ナカジュクはそのことも意識した授業を行っています。

積み木です。

IMG_4543.jpg

IMG_4549.jpg

楽しく何気なく作り上げていますが、中学受験ではこの立方体との関りがネックになります。


昨日は、夏休みのことをプレゼンしてもらいました。
聴いている人が一緒に行きたくなるように意識して話してもらいます。

IMG_0016.jpg

IMG_0022.jpg

とても可愛いです。

「非認知能力」満載のナカジュクエジソンクラブへどうぞ!



nice!(0)  コメント(0) 

実るほど頭(こうべ)の垂れる稲穂かな

私が生まれ育った板橋は、公害の影響が強かったところでした。環七と中山道の交わる辺りは、特に新河岸の工業地帯からのスモッグが大気の流れで溜まるので、スモッグの量としては日本有数でした。
 そのような地域で育ったせいか、越谷に初めて訪れたとき(高1のころ)、その田園風景に興奮したことを覚えています。その後30歳になってこの土地に住むことになるとは、その頃知る由もなしでした(笑)。
 そして、今でもこの風景が大好きです。

IMG_9850.jpg

IMG_9869.jpg


目で見ることができること、臭いがわかること、風を感じられること…
全てが幸せなことです。


「実るほど 頭の垂れる 稲穂かな」

 好きな俳句です。


nice!(0)  コメント(0) 

何事も主体的に

よく、「できない生徒へは詳しい説明が必要だ」と言う方我々指導者の中でも正論的に言われます。もちろんそれは正しいことだと思いますが、一方で、その科目が苦手な生徒は、先生の説明を聞いてもわからないで来てしまっているという事実もあります。私たちはそのことをしっかり把握する必要があります。生徒は先生の説明の途中にわからないメッセージは出しにくいので、教える側はどこでつまづいているかを知らなければいけません。そのためには実は生徒に能動的に学習をしてもらう必要があります。例えば、自分で答え合わせをさせてみると、正しく単語を写せない生徒もいたりします。自分で答え合わせができるようになれば、自学できる時間が長くなるます。そのような小さな発見が生徒の成長に大きく関わってくるのだと思います。

さて、夏期講習中のナカジュクの様子です。

IMG_9851.jpg
 (東川口教室

高島平.jpg
 (高島平教室)

長いと1日10時間以上の授業を持つ先生もいますが、メリハリを付けてしっかりやってくれています。生徒も頑張ってます。


後半戦もがんばります!



nice!(0)  コメント(0) 

合宿最終日

2日目から自然体験チームが合流。
あいにく雨が多かったですが、なんのその…、
常に元気な子供たちでした。

IMG_4450.jpg

IMG_4445.jpg

夜のBBQでは代表で
「カンパーイ!」

IMG_9761.jpg

お兄さんお姉さんたちから
「かわいー!」

高校生が中学生へ熱いメッセージを届けてくれました!

IMG_4477.jpg

中3生は1丸となって勉強に取り組んでいます。

IMG_4527.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ