So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

松下幸之助

JKK(塾教育研究会)の人物研究会で松下幸之助氏を調べ発表する機会を与えられ、
改めてその人物の偉大さに気づかされました。
松下電器(現Panasonic)の創業者ですが、小学4年生で学校を辞め、丁稚奉公に出ます。人一倍努力をしたことは言うまでもありませんが、父親を早くに亡くし、8人兄弟の結局生き残ったのは自分だけ。長男も1歳で他界するという、端から見ると不幸な人物にも映りますが、本人は「運」の良い人間だと心から思っていたようです。目が覚めると太陽が見られ、ご飯を毎日食べられることにも幸福感を持っていたのだと思います。
家庭の主婦の生活が少しでも楽になるように、「洗濯機」や「冷蔵庫」が安価で誰でも買えるようにと本気で考えました(水道経営⇒水道から出る水のように商品を手に入れることができる)。
また、ある発明家がラジオの特許を持っていたとき、幸之助はその特許を買い取り、どのメーカーも製作工程が分かるように公表したそうです。
世界を制し、世界一になることを考えて規模を広げていく現在のIT業者とは少し違うかもしれませんね。
沢山のエピソードがあるので、調べてみてはいかがでしょう?

2018-10-15 18.33.41.jpg

各教室、ハロウィンで盛り上がってきています。


2018-10-19 11.08.54.jpg

28日は、J-フェスタ&いもほり!
だいぶ、大きくなっています。
是非参加ください!



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。