So-net無料ブログ作成

論理力!

東進衛星予備校講師、出口汪氏の新刊、「子どもの頭がグンと良くなる『国語力』」水王舎
を読んでみると、子どもの「論理力」を養うことが大事で、それは大人との何気ない会話で養われると言っています。

~抜粋
「ムカつく」「ウザイ」「ヤバい」「ビミョウ」「ウケる」など、感情を表す表現で会話が成り立っていることが目立つ。では、なぜ「ムカつく」のか?それを説明するのが「論理力」である。子どもが「ムカつく」と言ったら、「何でムカつくの?」と聞いてあげれば良い。
と言われています。

そして、「国語力」は全ての教科に影響を与えます。「AI vs教科書が読めない子どもたち」新井紀子氏は、著書で数学の学力の低下は、数学力の低下以前に、文章を読み取る力がないと、データから訴えています。

まずは、感情的な言葉が出てきたら、「どうしたの?」「なぜ?」
という言葉を投げかけてみてはどうでしょう?
そして、一緒に本を読む時間などが共有できたら最高ですね。


2019-03-18 17.23.49.jpg

美南教室の松木先生が元気です!笑


nice!(1)  コメント(0)