So-net無料ブログ作成

茶道(つばさ)

つばさスクール&高等学校の副科の授業で毎年1回、『茶道』を行っています。
場所は越谷市の花田苑。とても素敵なところです。

茶道.jpg

講師は西中先生のお母様で、毎年長崎から来てくださいますが、特別なところは、みんな和装をして授業を受けられるところです。
なぜかというと、西中先生のお母様は古着屋さんを経営されていて、それぞれ見繕って長崎から送ってくださいます。そして、私も含めて10人分の着付けをあっという間にしてくださり、庭園の散歩、茶道を楽しみました。

茶道2.jpg

茶道3.jpg

茶道4.jpg

茶道5.jpg

めったに着ない着物を着て、結構みんなはしゃいでいました。
一番はしゃいでいたのは私かもしれませんが…(笑)。・

茶道6.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

大学受験生

 今年は私立大学の募集定員より1割増の入学者しか認められなくなり、少なくなった分、受験生にとっては厳しいものとなっています。これは、受験生が都市部に集中することを抑えるために、国が取った政策で、大学がこれを破ると、国からの助成金がもらえなくなるから大変です。さらに、確実に入学者を見込むために、付属からの入学者を増やす傾向があるので、一般受験、特にセンター入試は難関だったと言えます。
 さて、かわやなぎ教室を訪れると、大学に受かった卒塾生が報告に来ていました。教室長としてはとても嬉しい時間です。一人は明治大学、もう一人は中央大学と東京理科大学が合格していてどちらに行こうか?悩み相談中でした。

IMG_4264.jpg

私は
「これがゴールじゃないぞ!これからが本番だ!」
と言いたい気持ちを抑えて、しばし一緒に合格の喜びに浸っていました。
「おめでとう!」

nice!(0)  コメント(0) 

公立高校受験まであと少し!

2019-02-14 17.34.41.jpg

(きよみ野教室にて)

公立高校の受験まであとわずかです。
受験当日まで、とにかく悔いのないように頑張って欲しいです。
先日、フィギュアスケートの紀平梨花さんがテレビで
「何で本番で緊張しないのですか?」
という質問を受け、
「練習をたくさんして試合に臨むと、『これだけやってダメならしかたない』と開き直れる」と言っていました。受験生には持っている力を当日100%出し切るためにも、試験まで残された時間を有効に使って欲しいです。
私たちは、受験を社会の縮図だと思っています。一生懸命やった結果は、どんな結果でも将来その生徒にとって大切な宝物になります。
最後まで応援し続けます!

nice!(0)  コメント(0) 

2019-01-15

昨日は、越谷教室の入試対策後、応援に外からのお客さんが来てくれました。
お話してくれたのは、日ごろ一緒に研修をしている、林歯科(八潮)の林医院長です。

2019-01-14 18.34.21.jpg

「将来、生きていくために」ということで、素敵なお話をしてくれましたが、その後の生徒たちのシェアタイムもとても素晴らしく、参加してくれた大人たちを感心させていました。
「何のために勉強をしているの?」
「何のために生きてるの?」
「幸せって何?」
そんなことを常々考える機会のあるナカジュク生は、自然と言葉で発することでができるのですね。生徒たちが誇らしかったです。

2019-01-14 19.45.47.jpg

その後は、新人先生の歓迎会、西方先生が手作りの握り寿司を作ってくれるなど、ナカジュクらしい、温かな会です。後半はボードゲームで楽しんでいました。

2019-01-14 21.04.35.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

賀正

少々遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます…

昨年、身近な方々及び物事に感謝が少ないのではないか?
という気付きがあり、何十年ぶりかで、大晦日の夜(元旦)に近くの神社へお参りに行きました。
参拝者はいませんでしたが、地域の当番の方からお神酒とみかんをいただきました。
健康でいられることに感謝!

さて、
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
「原田式メソッド」の勉強会に行ってきました。

2019-01-06 11.32.40.jpg


原田氏は、大阪の教育困難校(中学)の先生でしたが、そのような学校の陸上部を13年連続日本一にした実績の持ち主です。
ナカジュクがテーマにしている
「自立」とか、「自主性」ということには、とても合点のいく内容でした。

「心が整わないと厳しいフィジカルに耐えられない」
ということを言われていました。
これは、いくら練習を頑張っても本番で結果がでないような人のことです。
勉強にも置き換えられますね。

ナカジュクでは「基幹学力」という人間力をアップすることに力を入れていますが、
今年は、それを土台に更に、圧倒的な学力アップを試みます!
ご期待ください
nice!(0)  コメント(0) 

クリスマス会

今、ナカジュクの各教室でクリスマス会が行われています。

越谷教室では、有志のお母さんが、ケーキ作りのお手伝いをしてくれました。
幼児サークルなどでもご活躍だったということで、工夫を凝らしたアイデアをいただきました。
何よりも、みんな楽しそうに作っている姿が印象的でした。

ケーキ.jpg

サンタさんは、海外在住体験の長い、佐藤先生が ALL ENGLISHで登場!
プレゼントをくれました。

2018-12-22 10.29.32.jpg

そして、恒例のマジックショー!
スーツケース8個くらいに、たくさんの仕掛けを持ってきてくださいました。
おかげさまで、生徒&私たちも楽しむことができました。

2018-12-22 10.41.37.jpg

手作りのクリスマス会でしたが、たくさんの方々の協力を得て、素晴らしい内容でした!



nice!(0)  コメント(0) 

私学情報交換会 in ナカジュク

 先日、ナカジュク板橋教室で私塾ネット主催の私学情報交換会が行われました。
全て女子校で更にみなさん女性校長という初めての試み…。とても興味深い内容でした。
もともとこの会は、学校を知る以前に、校長先生の人となりを知ろう!という会なので、それぞれが経験してきた人生を垣間見ることができます。
 みなさん、普通の教員から校長先生になられた方々で、一方奥さんとして家庭を守りつつ、人によっては旦那さんの病気に付き合いながら、懸命に教育に関わってきたことが伝わってきました。生徒ととの距離もとても近く感じて、この校長先生の学校なら任せられるという感想を持ちました。

2018-12-09 16.33.11.jpg

参加された方々です。
跡見学園中高校   校長 松井真佐美先生
日大豊山女子中高校 校長 柳澤一恵先生
北豊島高校    校長 河村惠子先生
日本女子体育大学付属二階堂高校 校長 野澤澄枝


nice!(1)  コメント(0) 

奇跡の特スタ!

ナカジュクの教育目標の中に
「自ら考え自立できる能力を養い、本人にとって最適な仕事に就かす」
とあります。
確かに、塾の役割として、より高いレベルの学校へ進学させることがありますが、
今から自分が社会の中でどのような役割をしていくのかを考え、学びに向かうことで、ブレない目標に向かって人生設計ができるようになります。そして、それができると、「学び続ける」自分を手に入れることができます。
ナカジュクでは「主体的な学び」を掴んでもらうために各教室でいろいろな取り組みをしています。

IMG_3756.jpg


越谷教室&きよみ野教室が合同で行った「奇跡の特スタ」(12時間)は、人生のどの部分でも使えるメソッドを使って、自ら学習計画を作成し、1日の最終目標に向けて取り組んでいきました。
生徒たちの本気を、見たような気がします。

IMG_3754.jpg

IMG_3755.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

休まず1万日

 わが師である上甲晃氏は、松下幸之助氏に認められ、松下政経塾塾頭を10年間された方です。
ナカジュクの30周年記念会で講演もしていただきました。上甲氏は毎日1300字前後のデイリーメッセージというエッセイを書き続けています。時間があってもなくても、体調が良くても悪くても、必ず毎日です。現在はインターネットでアップしているので、翌日で帳尻を合わすこともできません。そのデイリーメッセージが、昨日1万号を達成しました。氏は言います。
「毎日書き続けられる秘訣は、楽しむこと、いろいろなことに関心をもつことです。」
私が「青年塾生(上甲氏は塾長)」だったころ、私たち塾生は時間できると、椅子に座って休憩していても、上甲氏は常に掲示物や外の風景を感じていました。
「あるもの全てが教材」
と言われていました。
氏の真似はできませんが、「求める心」は持ち続けたいと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

土佐へ

先日、学習塾の研修会で高知へ行ってきました。
鰹の美味しい時期です。「土佐の一本釣り」は有名で、「よさこいソーラン」も。この地が発祥です。ナカジュクの記念行事では、スタッフ一同で「よさこい」を踊るので、親しみがわきます。
 ところで、11月15日は何の日でしょう?
実は、坂本龍馬の誕生日でもあり、命日でもあります。歴史上の人物人気投票で、1位になる日本で最も人気のある土佐人です。その坂本龍馬が次回の教科書改訂で紙面からいなくなるのはご存知ですか?あれは司馬遼太郎が英雄にしただけで、歴史的な活躍はしていないという解釈だそうです。先日も塾仲間でこんな会話がありました。
「坂本龍馬の功績を事実以上に過大評価した、司馬遼太郎の小説は史実に基づいていなので、見直されるべきだ」
 その意見に対して
「仮に史実に合っていなくても、小説の坂本龍馬のままでいてほしい」
という方もいました。
皆さんはどう思われますか?

ナカジュクが掲げる教育理念の中に「基幹学力」という言葉があります。「あいさつ、姿勢、人の話を聴くことなど」を意味しますが、これは、十数年前、高知にある明徳義塾高校を訪問したとき、当時の吉田副校長先生からいただいた言葉です。
 人も、景気も、食べ物も、素晴らしいところでした。

2018-11-12 11.24.17.jpg

仁淀川上流にある「にこ淵」。
最近発見されたそうで、現地では神が宿っていると言われています。
透明度が素晴らしく、しばらくたたずんでいました。


2018-11-12 12.32.56-1.jpg

「沈下橋」。仁淀川はしばしば増水し、この橋は川の中になるそうです。
両端に柵がなく、車で渡るのが怖かったです(笑)。


2018-11-12 14.59.38.jpg

「大正町市場」。ここでの鰹が最高に美味しかったです。
偶然、高知放送(ラジオ)のライブ配信が行われていて、インタビューを受けたので、前日お世話になった。高知の学習塾の先生に御礼を伝えました。
(女性と若い男性がアナウンサー、私の隣は日ごろスタッフもお世話になっているLAPIS鎌ケ谷の田中宏道先生)


nice!(0)  コメント(0)